外資系企業への転職事情

海外勤務の経験が豊富な人の活躍が期待されている

キャリアアップや年収アップを目標として外資系転職を志す求職者の数は年々増加しており、特に専門的な職種のスキルや語学などを活かせる企業への人気が高まっています。たとえば、職種によらず海外勤務の経験が豊富な人は、多くの外資系企業の間で期待が高まっており、転職後に基本給や手当などの面で優遇してもらうことも可能です。また、外資系企業で働いたことがない人であっても、英語や中国語などの難易度の高い検定試験に合格した人や、コミュニケーション力に長けた人などは、中途採用試験の際に有利に働くことがあります。そこで、新しい職場で自分らしく働くために、各地の外資系企業で必要とされる能力や適性について、転職活動中にきちんと理解することがおすすめです。

外資系企業の求人が多い転職サイトを使ってみよう

外資系転職に向けて本格的に対策を立てるにあたっては、国内外で高く評価されている企業の求人が多く掲載されている転職サイトを活用することがおすすめです。例えば、営業やマーケティングといった花形のポジションで働きたい場合には、外資系転職に強い人材紹介会社が解説しているサイトを優先的に選ぶと良いでしょう。また、転職サイトをチェックしただけでは、外資系企業の職場環境や転職後の働き方について把握できないことがあるため、転職活動の合間を縫って求職者向けのセミナーや職場見学会などの機会を利用することが大切です。その他、サイトによっては、英語のエントリーシートや職務経歴書の書き方について教えてくれるところもあり、初めて外資系転職を志す人も安心して手続きを取ることができます。