転職に有利なアピールポイント

採用後も活かせる積極性を

自分で成果をアピールする必要のある外資系では、採用面接でも積極性は高く評価されます。自己PRに詰まっているとそれだけで印象が悪くなるため、注意しましょう。また、論理的思考も求められるスキルの一つです。履歴書や英文だけでは伝わりにくいかもしれませんが、採用試験にて適切な受け答えができるかは必ずチェックされるでしょう。長々と説明するのではなく要点をまとめて話を終えられること、その一点が面接では確認されているのです。他にも、企業に育ててもらうという意識ではなく、今のスキルを生かしてどんな活躍ができるかをアピールすることも考えておきましょう。結果が求められる職場だからこそ、これからの展望をアピールすることが大切なのです。

語学力は非常に重要なスキル

外資系なので、やはり語学力は最低限必要になるスキルです。特に英語に関してはほとんどの外資系転職で求められるスキルですし、読み書きできるくらいには身につけておきましょう。また、中国語など英語力以外も習得しておくと、さらに人材としての価値を高めることができます。もし語学力を生かして何らかの成果を上げたことがある場合、そのアピールも欠かさず行うようにしましょう。翻訳作業をこなした経験や、ビジネスの場で役立てた経験など、成果があれば企業がスキルレベルを測る材料になります。面接全体を通して大切なのは、こうしたスキル一つひとつに自信を持つことでしょう。自信がないままにアピールしても通じませんし、採用には結びつきません。