実力主義って本当?

外資系企業は日本企業よりも実力主義

外資系といえば、バチバチと火花を散らしながら働いているイメージが強いかもしれません。言い換えれば実力主義な世界という印象を持たれがちですが、多くの人が想像しているほどの実力主義な世界ではありません。すぐにクビになりやすいという印象も、国内にある企業である以上リストラばかりするわけにはいかないので、必ずしもイメージ通りではないのです。終身雇用という制度の影響が強い日本企業よりも実力主義的であることは間違いありませんが、自分のやれることをきちんとこなせる人が求められている、という考え方で問題ないでしょう。当然外資系で働いている人全てが優秀であるとは限りませんし、外資系へ転職する前に気負いすぎる必要はないのです。

主張や向上心は必要に

とはいえ、実力主義の傾向があることに変わりはないので、自分で意見を発せる人ほど強いことは間違いありません。自分なりの考えを持ち、向上心溢れる人は待遇もどんどん上がりやすくなるため、積極的に行動に起こすことが必要になるでしょう。特に語学力に関しては、英語を読み書きできる程度に身に着けておく必要があります。また、自分のこなした成果をきちんとアピールする必要もあります。せっかく頑張ったのに誰にも認められないのではもったいないので、積極的に自分がどんな成果を上げたのかをアピールして、周囲に認めさせましょう。このように、主体性があって、積極的な行動力も伴うことで外資系でも十分活躍することは可能なのです。