英語力は必要?

人前に出る機会が多い職種は英会話のスキルが求められる

外資系企業の総合職や営業職など人前に出る機会が多い職種は、業務を通じて様々なシーンで英語でやり取りをすることがあるため、最低限のビジネス英語のスキルが要求されます。中途採用者の受け入れを行っている外資系企業の中には、転職希望の求職者に対して、英語を使用した履歴書や職務経歴書の提出を義務付けたり、外国人の担当者による面接を実施したりしているところも多くあります。そこで、外資系転職を成功させて英語力が必要とされる部署で活躍したい場合には、転職活動の合間を縫って英会話学校に通ったり、オンライン教材を利用したりすることがおすすめです。また、転職後に順調にキャリアアップを図りたい人は、世界的に高く評価されている英語の資格試験を受けたり、海外転勤を希望したりするのも良いでしょう。

理系分野の専門職は英語が苦手な人も活躍できる

外資系企業で機械や電気、化学など理系分野の専門職として勤務をする場合には、必ずしも英語力が求められないため、英語が苦手な人も活躍できるチャンスがあります。優秀な技術者が不足している外資系企業においては、理系分野の専門職に限り、中途採用試験の応募者に求める英語力の基準を緩和しているところもあるため、早めに企業ごとの応募条件を把握しておきましょう。また、近い将来に海外の生産工場などに転勤を命じられる可能性がある外資系企業に転職をする際には、理系分野の専門職であっても、日常会話レベルの英語力が必要となることがあります。そこで、転職後のトラブルを防ぐうえで、興味がある外資系企業の採用担当者に英語力の重要性について求人に応募をする前に尋ねておきましょう。