給料がいいって本当?

成果主義を重視する外資系企業の待遇について

外資系企業は待遇が良く、特に給料が高額というイメージがあります。これは外資系企業の多くが成果主義であり、ビジネスで良い結果を出した社員には特別ボーナスを出す所が少なくありません。そのことが外資系企業の給料は高額であるというイメージに繋がっています。外資系企業は個人の能力を重視しているのでビジネススタイルについてもある程度は個人の自由です。そのため、成果を上げればその見返りは給料の金額という形で示されます。個人の自由を尊重するのが外資系企業の魅力ですが、その一方で責任の所在は個人の側に重く置かれる傾向があるのも外資系企業ならではの特徴です。成果を上げることができなければ減収や解雇も十分にあり得るので、必ずしもメリットばかりでは無いことを注意する必要があります。

個人の頑張りが反映されやすいのが外資系企業のメリット

外資系企業は個人の責任に重きを置く所が多いのでリスクがある反面、頑張りが直接的な形で反映されやすいメリットもあります。日本企業では出世という形で反映されるケースが多数ですが、これは社員の終身雇用が常識だった時代の慣習に基づいています。その一方で外資系企業は社員の転職は珍しくないことなので、給料アップという形で待遇が良くなるのです。そのため、個人の頑張りが目に見える結果になることを望む人は外資系企業への就職が適しています。しかし、近年になって価値観の多様化や景気の変動といった理由により、日本企業も外資系企業のように成果主義の方針に転換する所が増加しています。それでも尚、成果に対する見返りは社内での出世というパターンが一般的です。